2019年5月25日土曜日

リフォーム工事の前に

酒田祭りも終わり一層暑い季節になってきました。
酒田市リフォーム補助金採択を受けた物件です。
酒田市では工事費の1/5を補助し満額40万円の補助金があります。

SA様邸ではこの補助金を使用しリフォーム工事をおこなっています。
水廻りを工事するため温泉などその時行ける場合は良いですが高齢になると
どうしても自宅で行いたいと思います。弊社では仮設お風呂と脱衣室を用意もできます。




2019年5月16日木曜日

完成見学会のお知らせ


令和元年、初投稿です。着々と工事が進んでおり酒田市リフォーム補助金事業も着工し
またIOTサスティナブル先導事業対象のM様邸基礎工事とST様邸オーバースライダー工事
水廻り改修の大規模リフォーム工事を含め工事を行っています。

--佐藤建築工房の家づくり--
酒田祭りも近づき慌ただしい毎日です。 さて5.18-19にて完成見学会を行います。 土地探しからお手伝いをさせていただき完成いたしました。お施主様のご厚意により開催させていただきます。  ご興味が有る方メールお電話にてお問合せください。

お問合せ先 
TEL  :0234-52-3009
MAIL:kanzen3009@gmail.com

----OPENHOUSE----
会場 :酒田市飛鳥地内
日時 :5/18-19 10:00‐16:00
point:ゼロエネルギー住宅・ビルトインガレージ・BELS工務店




2019年4月30日火曜日

平成最後のブログ更新


10連休のGWもはじまり平成も残すところ今日で最後となりました。明日から令和になり
変わりゆく時代に置いて行かれないように日々勉強と努力をしていきます。

さて、先日の見学会たくさんのご来場ありがとうございました。多くの方よりじっくりと見学していただきとてもうれしかったです。

また5月11、12日(土)(日) 5月18、19日(土)(日)と2週連続で見学会を予定しております。 こちらも是非お越しください。

先日山形で性能値表彰式があり平均C値部門でついに1位を取ることができました。
日頃より気密をよくすることを考えて施工して結果がでてとても良かったと思いました。
これからも庄内酒田で質の高い良い家を作っていきます。









2019年4月16日火曜日

酒田市新橋完成見学会のお知らせ


酒田市も桜が咲き始めて春らしい気温になってきました。
さて、酒田市の新橋にて施主様のご厚意により完成見学会をさせていただけることになりました。【子育てが毎日楽に楽しく!】をキーワードに子育て世代の為のパパママ、
特にママの大変さは壮絶なものです。時短、家事導線、清掃性、家計を考えるのは
もちろんですが、パパのささやかな趣味でもあるガレージライフを楽しめるような
ビルトインガレージ付き住宅です。

認定低炭素住宅でUA値0.38 C値0.21を取得した高気密高断熱住宅一度ご覧ください。
第三者機関BELS評価いただいております。素晴らしい住宅です。

 駐車スペースが少なくご予約でのお越しをお待ちしております。
 0234-52-3009 または kanzen3009@gmail.com

 






2019年4月1日月曜日

着々と4月

新しい元号が発表され、県議選もはじまりいろいろと変わりだす時期です。

さて、 酒田市でもリフォーム支援事業が今年もはじまります。
4月9日より4月15日までの応募です。200万円の工事で満額40万円の補助金が使える
とてもお得な制度です。

また利子補給制度が改訂され「やまがた健康住宅」を併用して(UA値0.46以下)(C値1以下)利子補給0.5%する仕組みでかなりハイスペックな条件ですが当社では標準仕様で
クリアできます。国の方の補助金も消費税対策として国の基準をクリアしたものに対しては次世代省エネポイントがもらえお得な制度が多数あります。

先日お引渡しさせていただいたフラット35、ゼロエネルギー住宅、利子補給、造作家具
を使用し国の目指す住宅です。

構造見学会、完成見学会など様々行っていきますのでよろしくお願いします。

4/7  構造見学会
4/21完成見学会 
4/28完成見学会 

TEL 0234-52-3009
mail kanzen3009@gmail.com






2019年3月4日月曜日

佐藤建築工房の家づくり完成見学会

 佐藤建築工房の家づくり
・・・完成見学会のお知らせ・・・
 3月16日(土)17日(日)に酒田市にて建て主様のご厚意により 完成見学会を
開催させていただきます。

子育てが毎日楽に楽しく!子育て世代の為のパパママ、 特にママの大変さは壮絶なものです。 時短、家事導線、清掃性、家計を考える のはもちろんですが、それたけでなく 将来35年後のライフプランを考えながら 設計した住宅です。


性能にこだわり、耐久性にこだわりホワイトオークにこだわりました住宅です。
一昨年から土地探しスタートしまして無事にここまで完成しました。
無いものからというよりも解体から更地としてお時間をいただきまして
ありがとうございました。

ST様建てて良し住んでみて良し快適な住宅です。
もちろんアフターケアも万全ですので今後とも末永いお付き合いのほど
よろしくお願いします。






2019年2月23日土曜日

意味があること。

三隣亡さんりんぼう・・・木を休めるという意味で年さんりんぼうというのが出来たと聞きました。今は県産材酒田産木材を推奨していますしそんなことをしては逆に山が荒れてしまいます。地鎮祭をきちんと執り行い行事をしっかりとすれば年間さんりんぼうは関係ないと考えます。庄内の建築している方なら知っていることですが
無くならない理由としてHMが関係しています。営業さんの利益優先だけで無駄な仮柱が立っています。「お前今年何本たてた?」「15本ですかね」みたいな囲い込み商法ですね。だからなくならない。お客さんにきちんと説明して必要であれば建てる。
基本的にこの無駄な行事やるんだったら隣の方にご挨拶とタオルを渡したほうがよっぽど礼儀正しいと思います。